お茶どころ松江

なぜ松江はお茶どころになったのか

なぜ松江はお茶どころになったのか

松江の人は実によくお茶を飲みます。このことは、家庭内だけでなく会社においても、10時と3時に揃ってお茶を飲む休憩時間があるところが今現在でも存在することや、どこのご家庭でも、大抵、茶筅と抹茶碗が普通にあったりすることからも伺い知れます。

なぜ、松江の人々はこんなにお茶に親しんでいるのか?

これは松江藩七代藩主・松平不昧(まつだいらふまい)を抜きにしては語れません。不昧公(本名:治郷1751~1818)は、こよなく茶の湯を愛し、後に不昧流と呼ばれる、流派や形式にこだわらない独自の茶道を築きました。そしてここから、茶道具や和菓子、書道、庭木といった茶道のまわりに広がる文化も育てていったのです。
現在でも、松江の人々が普段の暮らしの中で、さりげなく茶の湯を楽しむ文化が根付いているのは、不昧公のお蔭、と言っても過言ではないでしょう。

茶の産地ではない松江

茶の産地ではない松江

これほどにお茶を楽しむ風習がありながら、松江は静岡や宇治のようなお茶の産地ではありません。もちろん、この地近隣で生産されているものもありますが、それは消費量を満たすものではありません。

そこで、松江では茶商による合組の技術が発達しました。

合組とはお茶をブレンドすることを指し、そのブレンダーを茶商と言います。この地に住まう人々の需要に応えられるお茶の量を、全国の産地から仕入れ、この地に住まう人々の舌に応える味わいを支えて来たのは、茶商の技術なのです。

「甘いがごっつぉ」

誤解を恐れずに言うなら、松江での美味しさの基準の一つは "甘み" です。
昔、砂糖が貴重品だった当時、甘味はご馳走で、甘味を提供することが゛おもてなし゛だった頃の名残とも言われていますが、今もって松江では、甘みがある=美味しいとの価値観があります。

お茶もそうです。

松江のお茶は他地域に較べ、甘みがあるのが特徴です。

本文の終わりです
ページの終わりです
先頭にもどります